So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

「意志と努力で夢実現を」=宇宙飛行士の若田さん、タイ高校生に講演(時事通信)

 【バンコク時事】国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在した宇宙飛行士の若田光一さんが26日、タイ・バンコク近郊の国立科学博物館で現地の高校生約200人に講演を行った。若田さんは「タイからも宇宙飛行士が出てほしい。強い意志を持って努力すれば、夢はかなう」と語り掛けた。
 若田さんは写真やビデオ映像を使いながら、宇宙ステーション内での生活や実験について説明。「無重力では筋肉が弱るので、毎日運動が必要」などと話した。
 生徒からは「尿を再生した水の味は? 」「子どものころから宇宙飛行士になりたかったのか」などの質問が相次いだ。若田さんは「水の味は同じ。宇宙での生活にとって、とても大切な技術」と応じた。
 1年生のタナチャート君(16)は「宇宙での生活の話はとても興味深かった。若田さんに励ましてもらい、技術者になるためにもっと勉強しようと思った」と語った。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト

社民党大会閉幕、国対委長と政審会長人事先送り(読売新聞)
首相の偽装献金、不起訴不服で検察審に申し立て(読売新聞)
鈴木宗男氏、検察と法相を批判(産経新聞)
安倍元首相「参院選を政権奪回の第一歩に」(産経新聞)
【中医協】重点課題のうち入院関連の改定案を提示−厚労省(医療介護CBニュース)

<川内原発>作業員3人が感電、重傷 放射能漏れなどはなし(毎日新聞)

 29日午前7時7分、九州電力川内原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市久見崎町)の1号機(加圧水型軽水炉、89万キロワット)タービン建屋内で、定期検査作業中の作業員3人が感電し、鹿児島市内の病院に搬送された。薩摩川内市消防局によると、3人とも全身にやけどを負い、重傷とみられるが、意識はあるという。

 1号機は4日から定検中で原子炉は停止している。原子力安全保安院は「放射能漏れなどの心配はない」と説明している。

 九電によると、3人は電気設備の点検のため、タービン建屋内の電気室で作業しており、放電(アース)作業中に火花が発生し、感電したらしい。3人のうち1人は社員の男性(36)。2人は関連会社の西日本プラント工業社員(29)と、西日本技術開発社員(33)という。【馬場茂、福岡静哉、黒澤敬太郎】

【関連ニュース】
ラグビー:1位の三洋、2季ぶり1位通過 トップL最終節
陥没:道路に直径3M、燃えた送電線が原因か 北九州
なるほドリ:原発の定期検査って何? /鹿児島
原子力防災訓練:川内原発で放射能漏れ事故想定 住民ら89機関参加 /鹿児島
鹿児島・川内原発:3号機増設 九電、経産相に評価書提出

<朝青龍関>酔って知人突き飛ばす…警察出動の騒ぎに(毎日新聞)
規正法改正案、3月にも策定=今国会成立目指す−民主(時事通信)
<足利事件>92年2月7日の地検聴取テープ(2)(毎日新聞)
トレーラー、商店に突っ込む…2年前も近くで(読売新聞)
覚せい剤おとり捜査で摘発=イラン国籍の9人追送検−愛知県警(時事通信)

鳩山邦夫氏を政倫審に呼ばず(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長は25日の記者会見で、実母からの資金提供の実情を聞くため、鳩山邦夫元総務相を党政治倫理審査会に呼ぶよう党内の一部から求められていたことに関し、「邦夫氏は党の役職を全部辞めている。鳩山由紀夫首相が首相を辞めることに匹敵する」と述べ、政倫審を開く考えがないことを明らかにした。

小沢氏聴取 民主、大混乱も 「強気と不安」交錯(産経新聞)
<節分の縁起物>くま手づくり最盛期 愛知・西尾の勝山寺(毎日新聞)
ティンカーベル「綿100%」実はポリエステル(読売新聞)
陸自施設部隊をPKO派遣へ 道路復旧など支援 ハイチ大地震(産経新聞)
<神戸・女性不明>知人が「埋めた」 京都の山林捜索(毎日新聞)

<交通事故>車衝突、コンビニに突っ込む 愛知で5人軽傷(毎日新聞)

 20日午前7時55分ごろ、愛知県瀬戸市汗干町のコンビニエンスストア「ファミリーマート瀬戸汗干町店」前の市道で、駐車場に入ろうとした同市の女性(64)の乗用車が、歩道を走ってきた高校1年の男子生徒(16)の自転車にぶつかった。女性が車をバックさせたところ、後続の乗用車に衝突。女性の車はその後、前進してコンビニ店内へ車体半分を突っ込んだところで停止した。女性と男子生徒、後続車を運転していた女性(31)と同乗していた幼児2人の計5人が軽傷。

 同県警瀬戸署によると、市道は片側1車線で工事のため交互通行中だった。店内は2〜3人の客がいたが、けがはなかった。同署は女性から当時の状況について事情を聴いている。【中村かさね】

【関連ニュース】
交通事故:大学生はねられ死亡 横浜
衝突事故:バイクの高校生ら死傷 東京・江戸川
交通事故:降雪でスリップ パトカーなど5台追突 飛騨
交通事故:自転車の高2、車にはねられ死亡 愛知・豊川
ひき逃げ死:救助男性の目前に後続車 福島・いわき

夏川りみさん 妊娠3カ月とわかる 1月下旬まで休養(毎日新聞)
第2次補正予算案、午後に衆院通過へ 集中審議めぐり与野党対立(産経新聞)
<覚せい剤使用>千葉県警佐倉署の警部補を起訴 東京地検(毎日新聞)
現場マンションに指紋 59歳男、近く再逮捕 南青山強殺容疑(産経新聞)
<自民党>夏の参院選の公認候補7人を発表 青木幹雄氏も(毎日新聞)

アライド代表社員に懲役4年求刑 FX無登録営業で出資金詐取(産経新聞)

 外国為替証拠金取引(FX)をめぐり無登録営業で出資金を集め、顧客から1300万円をだまし取ったとして、金融商品取引法違反と詐欺の罪に問われた投資会社「アライド」代表社員、杉本淑枝被告(38)の論告求刑公判が21日、大阪地裁(安永健次裁判官)で開かれた。検察側は「運用の失敗を知られまいとの動機は身勝手で、刑事責任は重大」として、杉本被告に懲役4年、罰金200万円、法人としての同社に罰金300万円を求刑した。判決は2月23日。

【関連記事】
FX投資詐欺アライド社、幹部2人再逮捕 容疑は否認
カリスマトレーダー容疑認める アライド無登録FX初公判
FX投資事件の幹部3人を再逮捕
FX投資事件で女トレーダーら3人を起訴
【衝撃事件の核心】堕ちた「カリスマ女トレーダー」

28日に介護ロボットの実演会―全国老施協が市民フォーラム(医療介護CBニュース)
新名物「出雲おろち大根」初収穫 魚、肉料理の薬味にぴったり(産経新聞)
アザラシひょっこり、旭山動物園に「流氷広場」(読売新聞)
声優郷里大輔さん自殺か=「キン肉マン」ロビンマスク役−東京(時事通信)
野菜いっぱい!スザンヌ家の「だご汁」披露(読売新聞)

「女性埋めた」と男が出頭=京都府内で捜索−兵庫県警(時事通信)

 神戸市中央区の30代女性が行方不明になる事件があり、兵庫県警捜査1課は22日、「女性の遺体を埋めた」と出頭してきた男の供述に基づき、死体遺棄容疑で京都府綾部市内で捜索を始めた。
 同課によると、今月20日、40代の無職男が「知り合いに頼まれて女性を埋めた」と県警葺合署に出頭してきたという。
 女性の家族は2008年10月、捜索願を出していた。同課はこのほかにも事件に数人が関与しているとみて捜査している。 

都議補選、自民死守・保守の島に民主応援続々(読売新聞)
近ツー元社員、7億円搾取 大阪地検 容疑で逮捕へ 取引先から積立金名目 (産経新聞)
対日協調 米は優先 共同声明 普天間を封印(産経新聞)
【風】「私のようにならないで」(産経新聞)
千葉県警刑事1課長が美少女フィギュア万引き(読売新聞)

<不起立教員>「神奈川県教委は氏名収集停止を」 審査会(毎日新聞)

 神奈川県教委が国歌斉唱時に起立しなかった教職員の氏名を収集し続けている問題で、県個人情報保護審査会(会長、矢口俊昭・神奈川大大学院教授)は「県条例で取り扱いを禁じる思想信条に該当する情報」として、収集などの停止を求める答申を出した。県教委が21日発表した。県教委が同趣旨の答申を受けたのは3回目で、過去2回の答申に従っていないが、2月定例会で改めて対応を検討する。

 答申は20日付。この問題を巡っては、教職員らの不服申し立てを受けた審査会が07年10月に同様の答申を出し県教委の諮問で条例運用を協議した県個人情報保護審議会も08年1月、条例違反と答申した。県教委は答申を受け07年春までの情報を破棄したが、08年春以降も収集を続けた。

 今回は、08年春の卒業式などで起立しなかった19人が収集などの停止を申し立てた。答申は「収集継続に明確な理由がない」として、委員5人の全会一致で県教委に停止を求めた。

 山本正人教育長は21日、「教育的効果を減殺する行動の解消に向け、情報を把握する必要がある」と話した。

 教職員らが、収集した情報の消去などを求めた訴訟も横浜地裁で係争中で、弁護団の阪田勝彦弁護士は「情報収集は違法性が極めて強く、県教委は答申に従った行動を取るべきだ」と語った。【木村健二】

【関連ニュース】
都政この1年:都議選、民・自明暗くっきり/16年五輪招致、東京敗れる /東京

朝は1問だけに制限=首相の発言のぶれ懸念? (時事通信)
「荻野さんを刺した」 竪山容疑者の供述通り凶器も見つかる(産経新聞)
「辞任の声出ないの不思議」麻生前首相が民主批判(読売新聞)
<千葉大生殺害>「放火し窓から逃げた」ATMの男供述(毎日新聞)
交番の巡査、落とし物の19万円ネコババ(読売新聞)

過酷勤務知りながら運転を容認、書類送検(読売新聞)

 三重県四日市市の東名阪自動車道で昨年10月、大型トラックの運転手(38)が男性警備員(59)をはねて死亡させた事故を巡り、県警高速隊は22日、運転手が過酷な勤務状況だったのを知りながら運転を続けさせたとして、運送会社「ロジネスク」(兵庫県小野市)と、運行責任者の同社支店長、配車センター長を道交法違反(過労運転容認)の疑いで津地検に書類送検した。

 同隊などによると2人は、昨年10月19日〜21日、運転手が仮眠や休憩が十分取れない勤務スケジュールだったことを知りながら、運転するのを容認した疑い。2人は容疑を認めているという。

 運転手は10月19日未明に会社を出発。栃木、埼玉県などを回って兵庫県に戻り、再び東京に向かう途中の21日午後7時40分頃、事故を起こした。運転時間41時間、走行距離は2020キロに及び、その間の仮眠は計6時間半程度だったという。運転手は自動車運転過失致死罪で禁固3年、執行猶予4年の判決が確定している。

<消費者庁>新手の詐欺的商法で対策チーム 22日に初会合(毎日新聞)
小沢氏進退、世論見守る=渡部氏(時事通信)
石川議員の地元事務所も捜索 北海道・帯広(産経新聞)
石川議員「起訴されないこと望む」=現時点で処分検討せず−鳩山首相(時事通信)
抑止力維持、「核なき世界」へ協力=安保改定50年で共同文書−日米(時事通信)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。